コネクターの修理・交換

iPhoneのDockコネクターの不具合や接触不良、故障なら、iPhone修理工房へ!

コネクターの故障
修理所要時間の目安
15分~
修理にかかる費用の目安
3,780円~

iPhoneのドックコネクターの不具合や接触不良、故障について

・iPhoneが充電できない!
・パソコンに接続してもiTunesが起動しない
・iTunesがiPhoneを認識してくれない

こんな症状に悩まされている人はいませんか?
以上のような症状が出ているときに考えられることは、iPhoneの差し込み部分のDockコネクターを交換したり修理しなければいけません。
ドックコネクターには、中にバッテリーを充電するためのコンセントに相当する部品があって、とても大切な場所ですから、iPhoneを認識したり充電が出来なくなったりしてしまうのです。

iPhone3GやiPhone3GSのDockコネクターの内部の3パーツとは?

(1)コネクター部分(充電用コネクター)は、充電器への差し込み口となっています。
(2)集音マイク(ボイスレコーダーアプリなどで使用される)
(3)ラウドスピーカー部分は、着信音や音楽が流れる場所です。
これら3パーツが精密に繋がって構成されているのです。

iPhone4やiPhone4SのDockコネクターの内部パーツ2つとは?

(1)コネクター部分(充電用コネクター)は、充電器への差し込み口になっています。
(2)集音マイクは、ボイスレコーダーアプリなどで使われます。
この2つの機能が一体化されたフレックスケーブルとなっています。

このような部品が、落下時の衝撃や埃や湿気、さらには浸水させたことによって、腐食や浸食および破損したりしているのです。このような場合には、どれも新品のドックコネクターに交換すれば修理が可能ですよ。症状的には深刻ですが、修理自体は案外簡単なので、悩まずにすぐに修理に出した方が良いでしょう。

Dockコネクターが故障したときの症状や状態のまとめ

・充電しているときのDock接続が安定しなくなります。
USBケーブルやコンセントに接続しても、充電できるときと出来ないときのムラが出るようになってきます。
・充電しようとしても差し込み口が固くなって充電ソケットに入れられません。
こんなときはDockコネクターの破損が考えられます。
・Dockコネクターの端子が欠けてしまったときには、充電は何とか出来るのですが、
「不適切なアクセサリーが接続されています」というメッセージが出ます。
・パソコンに接続すると、「不明なデバイス」とエラー表示されてしまい認識不可能で、充電が出来ません。
・「充電機能はこのアクセサリではサポートされていません」と表示され、うまく認識がされません。
・パソコンと接続してもiTunesが起動しません。
・「充電機能はこのアクセサリーではサポートされていません」とメッセージが表示されてしまい、認識させることが出来ません。

[:]

投稿日:2月 2, 2017 更新日:

Translate »

Copyright© iPhone修理工房|浅草ROX店 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.